Mobile Site
QRコード

バーコードリーダー
対応の携帯電話で
モバイルサイトにアクセス

インプラント・再生療法

インプラントとは?

インプラントとは?

虫歯や歯周病、思いがけない事故や怪我などで歯を失うことがあります。人は永久歯を失うと二度と生えかわってきません。そんな歯を失うと審美性(見た目の美しさ)を損なうだけでなく、きちんと話せなくなったり、食生活にも大きな影響を与えます。

今までは“入れ歯”や“ブリッジ(歯を削って冠を連結する)”などの治療法しかありませんでしたが、新しい治療法としてインプラント治療がありますデンタルインプラントは生態親和性に優れ、長期安定して使用できる純チタンを人工歯根としてアゴの骨に埋め込み、咬み合わせや審美的機能を回復させる治療法です。局所麻酔を行って、埋入しますので手術中はほとんど痛みを感じません。

また、当院ではより安全な手術を行う為に、CT撮影によるSimPlant(コンピューター画像診断)を行っております。

PAGE TOP

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療のメリット

  • デンタルインプラントは天然歯のような審美性を回復できます。
  • 入れ歯などと異なりバネやピンクの床がなく、不快感(違和感)がほとんどありません。
  • 隣りの歯を削る(ブリッジ治療)必要はありません。
  • 失われた歯の原因の骨が萎縮するのを防ぎます。

インプラント治療のデメリット

  • 保険適応外(自費治療)であること。
  • 外科的な処理が必要であること。
PAGE TOP

インプラント治療の例

歯を1本失った場合

歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。
従来は、顕然な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると顕然な歯を傷つける ことなく治療を行うことが出来ます。

歯を何本か失った場合

歯を何本か失った場合

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。
入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

歯をすべて失った場合

歯をすべて失った場合

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

PAGE TOP

インプラント治療の流れ

診査と治療計画

インプラント治療に必要な診査を行いインプラントの治療が可能かどうかを診断してもらいます。その後治療計画をたてます。

フィクスチャー埋入れの手術
フィクスチャー埋入れの手術

歯の根に相当する部分インプラントの部品(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋入する手術を行います。
局所麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けることができます。

治療期間
治療期間

この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます(3~6ヶ月)。

※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。

※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

アバットメントの凍結
アバットメントの凍結

人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。

※この時、簡単な手術を行う場合もあります。

人工歯の装着
人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。
その型に従い人工の歯を作製します。
その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

メンテナンス

インプラントを長期的に、口腔内に安定させるには適切なお手入れが必要です。毎日のブラッシング(プラークコントロール)や定期検診が不可欠です。
定期検診ではインプラント周囲のクリーニングや咬み合わせの調整、レントゲンなどによる確認を3~6ヶ月毎に行っております。

インプラント症例

インプラント症例BEFORE
インプラント症例AFTER
PAGE TOP

最先端のSimPlant

当院では最先端のコンピューターシステム(SimPlant)を活用してインプラント治療を実施しています。

※歯医者でよく行われるX線撮影は、歯の様子を見たりむし歯の治療をするのにはとても役に立ちますが、インプラント治療においては、顎の骨の硬さや形を調べることが重要になります。

SimPlantとは

SimPlantとは・・・
CTで撮影した画像は、SimPlantに取り込まれコンピューターの画面上で顎の骨の状態を見ることができます。

骨の状態をどこでも見たい位置で見ることができ、コンピューター上で表示される画像を使って手術の前により安全で正確な計画を立てることが可能になります。

PAGE TOP

再生療法

再生療法

歯を支えている骨は、歯周病や歯根の病気などで吸収していくことがあります。また、歯を抜いた後も骨は一時的に吸収を起こします。
再生療法とは失われた骨(歯槽骨)を自家骨、人工骨、メンブレン(GTR、GBR)、CGFなどを用いて再生することです。

特にインプラントなどで骨が少なく不可能である場合も、手術を可能にすることもできます。

PRP治療

 

PAGE TOP

口腔外科

口腔外科
  • 顎関節症
  • 歯根膿胞
  • 埋伏歯(親知らず)
  • 口腔内の粘膜(口内炎)、舌などの異常
PAGE TOP