Mobile Site
QRコード

バーコードリーダー
対応の携帯電話で
モバイルサイトにアクセス

義歯・入れ歯

義歯を作ってみたけど、バネが目立ったり、厚いピンク色の床が気になったりしていらっしゃる方が多いと思います。
ここに挙げた義歯は、より快適なものを使ってみたいという方々におすすめするものです。
状況によってはできない場合もあり、保険もききませんので、しっかりと説明をお聞きになってみてください。

金属床

歯周病

保険の義歯で通常ピンク色のプラスチックになる部分を、一部薄い金属におきかえることで、お口の中をより広く快適にする義歯をつくることができます。
金属の種類、デザインにより、重さ、色、料金が異なります。

金属床症例

金属床症例BEFORE
金属床症例AFTER

正面からはバネの見えないアタッチメント金属床義歯です。

PAGE TOP

ナチュラルデンチャー

金属のバネを使用しない弾力性のある義歯です。

床が軽いため装着感がいいです。無味、無臭でノンアレルギー素材を使用しています。
(適応症例には制限があります。)

  • ナチュラルデンチャー
  • ナチュラルデンチャー
  • ナチュラルデンチャー
PAGE TOP

コーヌス・アタッチメントデンチャー

バネのない入れ歯。
この義歯はバネがなく、内冠と外冠の仕組みで人工的な歯を、残っている歯の上にかぶせて、ぴったりと入れる義歯です。揺れることがなく、、噛み心地が良い義歯です。

PAGE TOP

磁性アタッチメント

残っている歯と義歯を磁石でくっつける義歯です。残根などの残っている方に適応します。

PAGE TOP